国鉄型特急気動車 181系 車両内外解説と運転機器

国鉄型特急気動車 181系  車両内外解説と運転機器

かつて非電化路線を特急で駆け抜けたキハ181系。 現在、異国の地で活躍している車両です。

キハ181系特急「はまかぜ」 轟くターボサウンド、追憶の彼方へ

キハ181系特急「はまかぜ」 轟くターボサウンド、追憶の彼方へ

2010年を最後に定期運用から撤退した特急型気動車キハ181系。 水平対向12気筒、排気量30000㏄のDML30系列エンジンを搭載し、ターボチャージャーの奏でる力強いサウンドは多くのファンを魅了しました。 晩年は山陰地区が活躍の場となり、定期運用として最後まで残った「はまかぜ」も2010年11月6日を以って新型のキハ189系に置き換えられました。 甲高いターボサウンドを響かせながら疾走する、キハ181系特急「はまかぜ」、臨時特急「かにカニはまかぜ」の力強い走りをご覧下さい。

設計最高160km/h⁉西日本のバケモノ気動車

設計最高160km/h⁉西日本のバケモノ気動車

JR181系気動車 『ありがとうキハ181系』号 機関始動~米子出発 (27-Feb-2011) JR DMU Series181 Cold start.

JR181系気動車 『ありがとうキハ181系』号 機関始動~米子出発 (27-Feb-2011) JR DMU Series181 Cold start.

JR西日本が所有し、特急「はまかぜ」号などで運転されていた181系気動車の引退を記念して、日本旅行が主催した募集団体旅行用臨時列車・臨時特急『ありがとうキハ181系』号が2011年2月26日~27日にかけて京都~米子間で運転されました。 復路となる2日目、米子駅構内に隣接する米子運転所1番線に留置されていた181系気動車を起動し仕業検査終了後、米子運転所から米子駅3番線へと転線し、07:55に出発するまでの模様を収録いたしました。 使用された編成は、京都総合車輌所の181系気動車のモノクラス6両編成 ↑米子・ ①キハ181-49・ ②キハ180-22・ ③キハ180-77・ ④キハ180-49・ ⑤キハ180-36・ ⑥キハ181-47 ↓京都 で、特急「はまかぜ」号のデザインをモチーフにした特製のヘッドマークに特製方向幕、それに特製列車種別サボまで誂えた手の込んだ装飾となっていました。 2011.2.27 臨気9014D JR山陰本線 米子駅

国鉄型急行気動車 58系 車両内外解説と運転機器

国鉄型急行気動車 58系  車両内外解説と運転機器

かつて非電化路線を活躍した急行型気動車の紹介です。

Top Videos -  loading... Change country
Load 5 more videos
 
Nelze přehrát
00:00/00:00
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
ZAVŘÍT
ZAVŘÍT
ZAVŘÍT